忍者ブログ
模型(ガンプラ、AFVなど)の製作記
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
(08/15)
プロフィール
HN:
SOR
HP:
性別:
男性
趣味:
模型(ガンプラ・AFV等)
自己紹介:
第一次ガンプラブーム世代、
2005年6月に模型復帰した出戻りモデラー。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パトラクシェ サフ吹き

ようやくお天気が回復し、
やっとパトラクシェのサフ吹き作業再開です。

お天気が回復するといい陽気ですね~
あちこちから桜の便りも聞かれますが、
私の住んでいる所では桜はまだ少し先、
今から楽しみです。

で、今日はサフ吹きのお話。

私はどうもサフ吹きや塗装が苦手で、
その苦手意識の原因の一因がホコリ。

なので、サフ吹きや塗装をしたら、
直ぐにこの衣装ケースに入れて乾燥させています。

結局ホコリが付くときは付きますし、
気休め程度のものですが、
こんなやり方の人もいると言う事で・・
PR
パトラクシェ 胸その3

ちょっとお天気が良くなったので、
その合間にサフ吹きをしたらサフ切れ・・(笑

ちょっとサフを吹いただけですが、
表面処理をしなおしたいパーツがちらほら。

で、表面処理のついでに、
気になっていた胸部のディティールアップ。

画像の金色に見える部分は、
AFV用のディティールアップパーツで、
長さ約5ミリほどの0.8ミリ真鍮線に、
ネジ山のマイナスモールドが施されたもの。

これを単純に0.8ミリのピンバイスで穴を開けて埋めたのでは、
境目がはっきりせずに、折角のディティールがパッとしないので、

1ミリの真鍮パイプに、
このパーツを段差が出来るように差し込み、
それを胸パーツに埋め込みました。

これでこのパーツの周りに、
0.1ミリの筋彫りを施したようになると思います。
(言葉で説明するのは難しい・・)

早いとこ仕上げてしまいたいですが、
焦りは禁物なので、ぼちぼちとやって行きます。
甲ガード裏

ご無沙汰してました(笑
いろいろあって、やっと甲ガード裏のフレームを作りました。

幾つか作ったのですが、
シンプルでかつカッコいいパターンが中々思い付かず、
今回はこんな感じで落ち着きました。

これで工作は一応終わりで、
サフを吹いて表面処理のチェック&修正、
その後塗装へと進む予定です。

オーロラフィルム

それと今回のパトラクシェに使おうと思っていた、
オーロラフィルムがやっと手に入りました。

通販で探しても中々見つからず、
近所のお店にも無いので諦めかけていたのですが、
梱包資材・ラッピングの専門店を発見しようやく購入。

これで一生オーロラフィルムには不自由しないでしょう(笑

透明両面テープ

で、このオーロラフィルム、
どうやってパトラクシェに貼り付けようかと考え、
100円ショップで透明な両面テープを買ってきました。

この両面テープ、
透明ビニールに粘着剤が付いている感じで、
もう少し透明度が高ければと言う気はしますが、
薄さも十分ですし、何とか使えそうな感じです。

これで上手く行かなければ、
透明のアクリル塗料を接着剤代わりにしてはどうかとも思っています。

さてさて、どうなることやら・・

---------------------------------------------

それから、たんこぶ777さんのブログ、
"会社でガンプラ"さんとリンクさせて頂きました。

うちのサイトも更新チェックして頂いています。
今後ともよろしくお願いします~
肘装甲裏

気合を入れてやればすぐ終わりそうなのですが、
なんだかモチべが上がらなくて、ダラダラとやっています・・

で、肘装甲の裏にもフレームを付けました。

そろそろ塗装の事も本格的に考えなくては・・

シュぺルターの配色もカッコいいかもと一瞬思いましたが、
ゴールドの塗料を買ってあるのでそれは却下(笑

サフの吹けるパーツにはサフを吹かないとな~
腰装甲裏

パトラクシェの腰装甲裏はこんな感じにしました。

最近は装甲裏を立体的な感じに処理したりする作例も出てきましたが、
今回は必要な枚数がMSより多いと言う事で、
フレーム状のプラ板を貼り付ける通常のやり方で処理しました。

腰装甲裏チラ見え

腰装甲裏チラ見え2

チラ見せする分にはこれでも十分かな?
忍者ブログ [PR]