忍者ブログ
模型(ガンプラ、AFVなど)の製作記
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
(08/15)
プロフィール
HN:
SOR
HP:
性別:
男性
趣味:
模型(ガンプラ・AFV等)
自己紹介:
第一次ガンプラブーム世代、
2005年6月に模型復帰した出戻りモデラー。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

四号戦車D型 車体・斜め前

引き続き、四号戦車D型の製作記です。

足回りの工作が終わり、車体の工作に入りました。
(転輪、覆帯等は後から接着するため付けていません)

四号戦車D型 車体・前

当初、キット付属のエッチングの鎖を使用していたのですが、
エッチングだと厚みが無く、
垂れ下がり方も不自然になりがちなので、
極細のチェーンに交換してみました。

本当は、牽引用ホールドに穴を開けて、
真鍮線で作った丸カンを通す予定でしたが、
ホールドが丸カンで千切れてしまったので、
ホールド部自体も真鍮で作り直し・・

チェーンの先には0.2ミリ真鍮線で接続金具を製作しています。

フロントフェンダーのバネ部分も市販のスプリングから自作、
ちょっと長かったようですが、雰囲気はまずまずかな?
(スプリングの詳細は記事の後半で・・)


四号戦車D型 車体・後

本体後部の鎖も極細チェーンに交換し、
接続金具を0.2ミリ真鍮線で自作。

覆帯緊張装置はキットと実物の形状が若干違うようだったので、
コトブキヤさんのパーツを削り込んでそれらしく加工。

牽引用ワイヤーのフック部は0.8ミリ真鍮線に変更、
エンジングリル上部の取っ手は0.5ミリ真鍮線に変えています。

四号戦車D型 フェンダー後部バネ 四号戦車D型 フェンダー後部バネその2

後部フェンダーのバネ部分も市販のスプリングで自作。

ガンプラモデラーの方にはお馴染みかもしれませんが、
これはWAVE社製の"A-SPRING"という商品で、
一番細いNo-1(0.2×1.0)を使用しています。

画像のスプリングは5ミリ程の長さにカットし、
中に0.2ミリの真鍮線を通し、先を丸くリング状にしています。

値段も安く、任意の長さでカットでき加工も比較的簡単、
スケールモデラーの方にもオススメですよ。
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]