忍者ブログ
模型(ガンプラ、AFVなど)の製作記
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
(08/15)
プロフィール
HN:
SOR
HP:
性別:
男性
趣味:
模型(ガンプラ・AFV等)
自己紹介:
第一次ガンプラブーム世代、
2005年6月に模型復帰した出戻りモデラー。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

四号戦車D型 パッケージ 四号戦車D型 中身

DRAGON社の四号戦車D型です。

DRAGON社は中国のメーカーらしいのですが、
最近はかなり技術が上がってきているようで、
とにかくディティールが凄まじい!

四号戦車D型 エッチングパーツ 四号戦車D型 その他金属パーツ

最近はエッチングパーツが付いたキットも珍しくないようですが、
これだけ本格的についているキットは中々無いんじゃないかな?

このエッチングだけでも同じような市販品を買えば、
恐らく2,000円は下らないでしょう・・

アルミ削りだしの砲身や真鍮製の砲弾など、
その他にも金属パーツが盛りだくさんです!

四号戦車D型 覆帯 四号戦車D型 シャシー

覆帯は非稼動式で一枚一枚接着するタイプ。

通常このタイプの覆帯の入ったキットは、
ランナーに付いた状態で入っているのですが、
このキットでは一枚一枚既に切り出した状態になっています。

恐らく工場で手作業しているのでしょう、
この辺りは人件費の安い中国ならではですね。

シャシーは通常の物と装甲付きの二種類、
通常のシャシーに装甲を接着するのではなく、
わざわざ別の金型を用意して二種類入れているのは凄いです・・

四号戦車D型 説明書その1 四号戦車D型 説明書その2

説明書です。

起動輪が7パーツ×2、転輪が5パーツ×16、誘導輪が4パーツ×2、
上部転輪が2パーツ×8で、合計118パーツ・・

サスペンションは可動出来るようになっていて、
8パーツ×8で、合計64パーツ・・

シャシーの裏側もご覧の通りきっちり再現されていますし、
燃料注入口の中や、見えない機銃の本体部分など、
本体内装、エンジン以外ディティールが再現されています。
(砲塔の中も完全ではありませんが主要部分は再現されています)

と、まぁ、凄まじいこのキット、
ストレート組でも相当時間がかかりそうです、
はてさて、完成させられるのやら・・(笑
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]