忍者ブログ
模型(ガンプラ、AFVなど)の製作記
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
(08/15)
プロフィール
HN:
SOR
HP:
性別:
男性
趣味:
模型(ガンプラ・AFV等)
自己紹介:
第一次ガンプラブーム世代、
2005年6月に模型復帰した出戻りモデラー。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[170] [169] [168] [167] [165] [163] [162] [161] [160] [159] [158]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ティエレン 前

ティエレンのディティールアップがある程度進んだので、
作業のキリが良い所で一度紹介します。

ディティールアップの箇所が多いため、
全ての作業を紹介するのが大変なので、
大まかな部分だけ掻い摘んで説明させて頂きます。

画像一枚目

胸部と脚部のオレンジ丸部分には、
3ミリ×3ミリの1ミリと0.5ミリのプラ板で、
リアクティブアーマーを追加しました。

スケールを考えればもっと整然と並んでいると思うのですが、
雰囲気を出すため、ちょっと雑な感じに貼り付けています。

肩と足の赤丸部分、
可動しそうな感じにスイングアーム風のディティールを付けました。

今回のディティールアップには、
ドラゴンの1/72チャレンジャー2のキットを使用しているのですが、
キットでは車体とスイングアームが一体成型となっているので、
それをエッチングソーで切り離して流用しました。
(膝のパーツはタミヤの1/35Ⅲ号突撃砲のです)

可動範囲が若干制限されてしまいますが、
素立ちには影響が無いのでこれで良しとしました。

膝裏の青丸部分、
ここはディティールが何もなく空間が気になっていたので、
ドラゴンの1/35Ⅳ号戦車の履帯を使用しました。

頭部のピンク丸部分、
最初はさかつうの真鍮パーツを使用していましたが、
ウエーブのO-BOLTに変更しています。

ティエレン 後

二枚目の画像、
かかとのオレンジ丸部分には、
コトブキヤのパーツでシリンダー風のディティールを追加。

腰の赤丸部分は3ミリプラ棒で丸太を付けました。
ロシアっぽい感じにするなら外せないディティールだと思います。

丸太を留める黄色丸の部分は、
0.1ミリの銅板を切り出して使用しています。

ティエレン 前上

三枚目の画像。

頭部の赤丸部分は、
1/35用クランプのエッチングパーツを加工して使用。

オレンジ丸の部分は0.6と0.8ミリの真鍮パイプで機銃を付けました。
銃口がラッパ型になっているのがポイントです。

画像では見えませんが、
薬莢の排出口も掘り込んで付けました。

ティエレン 後上

四枚目の画像。

肩部と頭部の赤丸部分にパイピングを施しました。

もう少し細い方が良いのですが、
細いものが手に入らないので今回はこれで良しとしました。

オレンジ丸の部分にエッチングパーツを使用しています。

ティエレン 後アップ

五枚目の画像。

わき腹の赤丸部分、
ここにも可動しそうな感じにスイングアームを追加。

オレンジ丸の部分は一度段落ちに掘り込んで、
エッチングパーツを嵌め込んでいます。

こんな小さくてもきちんとメッシュになっているのは、
エッチングパーツならではの精度ですね。

と、言うことで今回はここまで。

後は足にもう少しディティールを付けて、
装甲裏にディティールを付けようと思っています。
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]