忍者ブログ
模型(ガンプラ、AFVなど)の製作記
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
(08/15)
プロフィール
HN:
SOR
HP:
性別:
男性
趣味:
模型(ガンプラ・AFV等)
自己紹介:
第一次ガンプラブーム世代、
2005年6月に模型復帰した出戻りモデラー。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

四号戦車D型 車体左 四号戦車D型 車体右

さて、四号戦車D型の製作記の続きです。

砲塔のモデリングが完了し、
後は覆帯などを塗装しつつ組み立てていきます。

やっぱり四号戦車の無骨なスタイリングは良いですね~

四号戦車D型 車体後

車体後部の発炎筒部分はキットのエッチングではなく、
極細のチェーンを付けました。

チェーンの根元に0.2ミリの真鍮線で作った金具をつけ、
上から吊り下げる形にしています。

マフラーの排気口部分には根元に溶接跡を再現、
マフラーを固定している部分は裏を切り取って肉抜き、
このパーツは合いが悪かったので、削り込んで擂り合わせしています。

ワイヤーはキットに付属のワイヤーを使いました。

四号戦車D型 キューポラ

キューポラ内部、
中央の覗き窓には目視用の照準をプラバンにて製作。

覗き窓には透明プラで防弾ガラスが付くのですが、
プラ丸出しで余り良くなかったので取り付けませんでした。

四号戦車D型 砲塔 四号戦車D型 砲塔内部その2

砲塔部分です。

内部は先にお見せしているので今回は外観を。

キューポラのハッチは固定ですが、
サイドのハッチは可動式なので、開けて中を覗くことが出来ます。

組み立て中は意外と部品が少ないかなと思いましたが、
ハッチから覗く分にはちょうど良いディティール感。

チラリと見える砲身基部がいい感じです。

と、モデリングはここまで。

現在塗装中ですが、
天候が思わしくなく、作業はまた中断しています・・

早く完成させたいですが、こればっかりはどうしようもないですね・・
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
リンク工事終わりました~
先日は無理くりなオーダーに対応して頂き有り難う御座います!

私もなんとか一段落できたので
リンク工事出来ました~
事後報告で申し訳有りません(汗)

四号戦車D型進んでますねー
最近はホンとAFVキットやパーツ豊富ですよねーカステンばりのパーツ分けだったり凄いですよね。

AFV用に0.2mmエアブラシ買おうかなー(いっぱい有るのに0.2だけ無い!)

ではでは~
Ma URL 2006/05/08(Mon)23:28:31 編集
リンク有難う御座います~
お忙しい中、リンク有難う御座います。

カステンの覆帯も買ったのですが、
違うのを買ってきてしまったため、
今回はキットの物を使う予定です。

カステンの方は約600パーツありますが、
キットの物でも約200パーツ・・
先が思いやられます・・(笑

エアブラシ、自分も何本か欲しいですが、
まずはこれで練習ですね。

色々自分なりにやってみてはいますが、
上手くなってる感じは全然しません(笑
SOR 2006/05/09(Tue)20:44:29 編集
Trackback
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]